Doctor

上肢の症状のコントロール

女性

頸椎椎間板ヘルニアで特徴的なのが、上肢にシビレや痛みや筋力低下などの症状が生じることです。また、頸椎の下位は上位と比較すると、ヘルニアの発生頻度が高くなります。こうした頸椎椎間板ヘルニアの炎症は、工夫することで、ある程度コントロールすることが可能です。

詳細を確認する...

腰に激しい痛みが

腰痛

椎間板が神経を圧迫

人の背骨は椎骨と呼ばれる骨が一列に組み合わさった形で構成されています。この椎骨と椎骨の間には軟骨の一種である椎間板があり、衝撃を吸収する役割を果たしています。椎間板の中心部にはゼリー状の髄核があり、その周りを比較的硬い繊維輪が取り囲んでいます。繊維輪が何らかの原因で破れて中の髄核が飛び出したり、椎間板自体がずれたり膨らんだりすることによって近くの神経が圧力をかけられると激しい痛みが生じます。これが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアになると、腰痛、腰から足にかけての痛みやしびれ、筋力低下、感覚障害などの症状が見られるようになります。足に痛みが出るときは片側だけの場合が多いですが、ヘルニアが巨大であれば両側に痛みが出ることもあります。また、せきやくしゃみをしただけで激痛が走り、重度のヘルニアの場合には排尿障害が起こることもあります。

安静が第一です

椎間板ヘルニアになると、椎間板によって圧迫を受けた神経が炎症を起こします。そのため椎間板ヘルニアを治療するには、炎症を抑制することが第一の目的となります。炎症を抑えるためには、体を動かさないようにすることが重要です。安静にしても痛みが引かなければ、薬を服用したり、炎症部に麻酔剤を注射したりしますが、それでも治らないときには手術を行います。比較的手軽な手術の方法としてPLDDと呼ばれるレーザー治療があります。レーザー治療では、椎間板の中心部にレーザーを照射して髄核の一部を蒸発させて空洞を作ります。空洞ができることにより椎間板が引っ込んで神経の圧迫が抑えられます。レーザー治療のメリットには傷跡が目立たない、入院が短期で済むなどがあります。また、1回目のレーザー治療で効果がなかった場合でも、2回目の治療で改善が見られることがあります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療 

女性

腰椎椎間板ヘルニアでは、腰の椎間板が変形し、神経を圧迫することで痛みを感じます。椎間板の治療には、保存的療法と根本的な治療である手術治療があります。医師と相談しながら治療方法を選択します。

詳細を確認する...

ヘルニア手術の名医 

病院

椎間板ヘルニアの治療方法には、保存的療法と、手術治療があります。質の高いヘルニア手術を受けるには、手術技術の高い名医が在籍しているクリニックを選択することが大切です。

詳細を確認する...